2013年08月19日

ヒプナゴギア音楽と朗読の夕べ


8/18、日比谷シャンテで開催された
イベントを観覧してきました。

とっても良かったです!

公演への期待大!!



音楽も朗読も素敵でした。
参加できたことに感謝です。


東京で行われるこの手のイベントには
関西住みゆえ、なかなか参加できないので
たまたま時期が合い、抽選にも当たって、
今回はほんとうにラッキーでした。



おそらく、シャンテや公演の公式サイトに
まもなくイベントレポは掲載されると思いますが、
自分自身の覚え書きも含めて、細かいネタや感想などを
忘れないうちに書いておこう!


(実を言うと、このイベントが後にあったので)
(先にあったタンブリングの方を)
(だいぶ忘れてしまったという…;)

 
(ちなみにそちらのレポはこの下)
(昨日の記事として書きました)

【web拍手を送る…拍手はここをクリックしてください】



と、言うことで
続きに〜


(結構前置き@私の覚え書きが長いです;)

 
 


イベント開始は16時半からでしたが、
当選者の集合は15時45分。
タンブリングのイベントがどれくらいあるのか、
間に合うのかな?と心配していましたが、
結果は余裕でした。(良かったー)

座席は抽選でした。
まずは当選メールと本人確認後、抽選で番号をひき、
その番号順に数名ずつ会場に入って好きなところに座るというもの。


会場はシャンテ1階のサービスカウンター前。
そこに小さなステージを作り、
観客席はパイプ椅子を並べて。


高いパネルで周りを囲って
1階の後ろからは見えないようにしていましたが
吹き抜けの2階、3階からは
なんとか見えるようになっていました。

(たくさんの方がご覧になっていましたね)
(でも見た友人によると)
(声は聞き取りにくかったようです)



今回公演でも香りの演出があるからでしょうか、
抽選でひいたカードには
香りが染みこませてありました。
(シャンテにあるアロママッサージのお店提供)
入場時にはそのお店からの冷たいジンジャーティーのサービスも。



入場して待つこと約30分、
いよいよ開始です。



出演者4人は2階からエスカレーターで登場。
(北村さん、ゆみこちゃん、ピアノの飯田さん、チェロの井上さん)


ゆみこちゃんは
さっきまでジャージ姿の校長先生だったのに、
艶やかな女性に変身!
すごく華やかで綺麗〜


前髪をふんわりとあげておでこを出し、
ゆるくウェーブがかかった髪型が、
よく似合っていて素敵でした。

(かなぽん先生のデコ出しヘアーも可愛いけど)
(全然違う〜)



衣装もよく似合っていました。

シャンテ2階のお店提供というスカーフ柄のワンピは
赤、白、青の柄に縁取りの黒が効いていて
ウエスト部分が左腰前で黒リボンを結ぶ形になっていて
とっても可愛かったです。



北村さんの爽やかな印象の衣装も
シャンテ内のお店の提供で、
衣装について紹介されたとき、
北村さんはモデルのようにポーズをつけて回り、
会場の笑いを誘っていたのですが、
ゆみこちゃんも紹介されて、
可愛く一回転していました(笑)




朗読の前に少しトーク。


北村さんとゆみこちゃんが役作りや意気込みについて
また、新感覚朗読劇という、
普通の朗読劇ではないこの作品の魅力について語りました。



役作りについて、ゆみこちゃんは
最初のインスピレーションを大切にしたいというようなことと
お客様にいろいろと想像してイメージを広げていただくために
決めつけずに演じたいと語っていました。



そして、いよいよ朗読&生演奏。


音楽はもはや聞き慣れた(もう何度も聞きました〜)
ヒプナゴギアのテーマ曲。


朗読台本はこのイベントのために書き下ろしたものだそうで、
印象は上質な映画の予告編。
物語の紹介と、それにピックアップしたシーンを少し
という感じでした。



北村さんはほぼピアニスト役として語り、
ゆみこちゃんは序盤はナレーター
中盤からは夢の中の女。


夢の中の女を演じ始めた、
その変わり目が鮮やかで、はっとしました。



「夢」という言葉の印象で、
もっと儚げな雰囲気を想像していたのですが
このイベントで語られた部分の彼女は
生き生きとした強いイメージの女性でした。



二人が会話するシーンでは
次々と頭の中にイメージが広がって
おもしろかったです。



北村さんの深みのある声と
ゆみこちゃんの柔らかくて強さのある声
二人の声の「音色」が心地よくて…


それに、イメージの広がるドラマ、
ピアノとチェロが奏でるドラマティックな音楽!



あー 本番が楽しみでなりません!

 



ちょこっと最後に。


実はこの朗読中、
北村さんが読むページがわからなくなるというハプニング。
ゆみこちゃんが優しく教えていました。

 


(*´∀`*)


しかしそれでも演技はぶれない北村さん
(汗かいていらっしゃいましたが)
さすがです。



イベント終了後の出演者は
エスカレーターで下へ去っていきました。

ゆみこちゃんはいつものように顔をあげて
何度か上の方で見ている方々へも目線を送っていましたね。
退場時には手を振って応えていました。
(いつもながら可愛い〜)


あ、最後に紹介があったのですが、
シャンテ1階のカフェと地下のマクロビレストランで
この作品や過去のサウンドシアターの音楽がBGMとして流れるそうです。
(9月下旬までだったと思います)

posted by しおね at 02:13 | Comment(2) | 彩吹真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イベントの様子を、教えてくださってありがとうございます。 関西でなかなか行くことが難しいなか、ゆみこさんの様子が目に見えるようで(可愛いですね)、とても嬉しいです。 クリエで観るのが(聞くのが?)ますます楽しみになりました。
Posted by はるる at 2013年08月19日 10:46

コメントありがとうございます。

関西でもこういうイベントがいつかあったら嬉しいですね。


ゆみこちゃん可愛かったです!
おけぴにレポが出ましたね。
(写真がいい感じです(*´∀`*))

記事にも書きましたが、本当に期待できる作品だと思います。



Posted by しおね at 2013年08月23日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。